Lifestyle

2021.06.09

トレランシューズ(防水ありorなし)のメンテナンスをレクチャー!

【防水なし】

全体的に汚れを落とし、洗剤が残らないようにしっかりとすすぐ

こちらもまずは、【防水あり】のシューズと同様の手順で進めましょう。

汚れを落とす前に靴ひもとインソール(中敷)を外します。靴ひもは中性洗剤で洗い、インソールはやわらかい布で汚れをふき取った後に形を整え、日が当たらず風通しの良い場所で乾燥させてください。

汚れがひどい場合は中性洗剤で水洗いして、その際は手洗いをしましょう。

※インソールを洗う場合は、柔らかいブラシで優しくこすってください。固いブラシなどで強くこすってしまうと、表生地が剥がれる恐れがあります。

9 トレランシューズ(防水ありorなし)のメンテナンスをレクチャー!

ブラシで水洗いをして、靴底、ラバー部分、ソールサイドなどの泥汚れを落とします。加えて、ソールに詰まった小石もドライバーなどで取り除きましょう。

10 トレランシューズ(防水ありorなし)のメンテナンスをレクチャー!

水を入れたバケツに中性洗剤を少量だけ足してシューズを浸し、ブラシでこすって全体的に汚れを落とします。

※ブラシを使用する際は、生地を傷めてしまわないように優しくこすりましょう。

11 トレランシューズ(防水ありorなし)のメンテナンスをレクチャー!

汚れを落とした後は、洗剤が残らないようにしっかりとすすぎます。

12 トレランシューズ(防水ありorなし)のメンテナンスをレクチャー!

可能な範囲で水気を取り、形を整えてから風通しの良い場所で陰干しをします。その際にタオルなどで水を吸い取るとより効果的です。

※クッション剤や接着部分は熱に弱いため、ドライヤーなどの熱乾燥は避けてください。

13 トレランシューズ(防水ありorなし)のメンテナンスをレクチャー!

乾燥後はインソールと靴ひもを付け直して保管します。型崩れを防ぐために靴ひもは一番上まで通し、軽く締めておきましょう。

※インソールを入れる際は、曲がらないように注意しながら入れてください。

14 トレランシューズ(防水ありorなし)のメンテナンスをレクチャー!

1 2

Keywords

キーワード

2021.06.09